去年、九十九電機ネットショップでeX.computer – LB31J-8100Cを買った。今は3号機として利用している。
しかし、Celeron420とスペックがかなり低いので、今余っているパーツで改造してしまおうというのが今回の企画だ。中身を変えるということだ。
今現在、余っているパーツと言えば、CPU AMD Athron X2 4600+とメモリ2Gとグラフィックカード Geforce8400GSがある。しかしマザーが無い。
LB31J-8100Cでマザー変えて、Athron 4600+を動かしたい。そうすればスペックが向上する。
となると、LB31J-8100Cはintel系なのでAMDCPUは使えない。新たなソケットAM2のマイクロATXのマザーが必要となる。
そこでだ。安く上げるためにAM2の最安マザーをwebで買った。
BIOSTAR MCP6P M2+ それがこれだ。5180円は安いだろう。

BIOSTAR MCP6P M2+

それを開封し、CPUを取り付ける。

BIOSTAR MCP6P M2+

LB31J-8100Cのケースのふたを開けて、接続を外していく。CPUは残したまま。最後はケースからマザーを外し、マザーボードの箱(ATX)に入れる。

LB31J-8100C

メモリを2G取り付ける。
そして、BIOSTAR MCP6P M2+をケースに取り付ける。
さらにグラフィックカードも取り付け、他のコードも全て取り付ける。
で完成したのがこれ。配線はなんとかするつもり。

LB31J-8100C

後は外部ケーブルをVGAとキーボードだけ取り付け、BIOSが立ち上がるか見てみる。普通に起動。改造完成。

By exhv